“南部古代型染とは”
 名 称:近代に対して、古代と呼称す。
 歴 史:初代 蛭子屋三右エ門 寛永五年(1628年)
 用 途:武家階級の使用が主であった。

  1. 祖先は、代々南部藩御用の染師であったので、当時使用した染型紙が大切に保存されてきた。又、技術も代々継承されてきた。
  2. 環境としてその保存に恵まれたのは、東北の端の地であり、他からの影響も少なく淘汰されることなく温存され高められていった。
  3. 仕事を一貫作業とし、一切の作業を手加工とし、型造り工程から仕上げ迄に至る。
  4. 後継者に恵まれ、又時期的にも古き物の良さが再認識され復活を期待する声が高まった。
  5. 製品の完成度に留意すると共に、時代への適合も心掛けている。又、購入客の希望もとりいれている。
  6. 伝統的なすくも藍、ふすま、木灰の醗酵建てによる藍色の躍動が藍染の魅力であり、昔ながらの染法を今も守り続けている。そして今も尚、魅力を放っている。現在使用している藍は、南部藍が生産されなくなった今日、阿波徳島産である。

 文様と製作方法は、中国から流入した文化である。その美術文化の源流である中国に1966年5月、北京、上海、蘇州、抗州、広東へ技術指導のため訪中する機会を得、そして日中交流の足跡を辿ることが出来た。文献によると文様は1500年前既に交流があったとう言うことである。そして、原型を損なう事なく脈々と生き続けている。

-
“南部古代型染の工程”
型彫り
KATABORI
 型彫りは、基本となるデザインの型紙を切り抜いて模様を作ることから始まります。型彫りは、型染の最も重要な技法の一つで、長い間の修練と根気を要します。型彫りには次の「突彫り」「錐彫り」「道具彫り」「引彫り」による四つの技法がそれぞれの内容によって用いられます。
糊置き
NORIOKI
 糊置きは予め精錬(織糊、糸の油分を除く)した乾燥した生地に型紙をのせて上からヘラで糊を生地に連続して印捺するものです。その際用いる糊を防染糊と云います。
染色
SENSHOKU
 染めは材料のすくも藍、ふすま、木灰にて醗酵によるものです。糊置きと藍染の合体により、好みの濃度に染め上げられてゆきます。洗う毎に色彩の鮮やかさを感じさせます。絹、木綿、麻の染色に供します。
-
 染色工程について簡単に申し上げます。
  1. 予め染色を容易にするために、織糊、糸の脂肪等不純物を除く為 生地を煮て精錬します。
  2. 乾燥した生地(染布)に、型紙を使用して糊置きをします。
  3. 地入れと申しまして、型糊を施したものに大豆汁を引いて、染料の染着が容易になる地ごしらえをします。
  4. 染料を用いて刷毛引きし、もし濃淡を必要とする場合は、それに応じた染料でそれぞれアクセントを施し、染上がったら乾燥し更に水洗いして仕上げます。
 もっとも、今申し上げましたもののほかに、いろいろな方法もございますが、一つの例を申し上げただけであります。
-
向鶴(むかいづる)

南部公の紋章、向鶴を菱文に文様化したものである。この菱鶴の形状は、南部古代型独特のものである。

千羽千鳥(せんばちどり)

甲州南部郷の将、南部義光とともに三戸に渡った染師蛭子屋三右エ門は、海岸に群れ飛ぶ千鳥の美しさにみとれて、その模様を型に彫ったものという。南部古代型の独特な模様である。

南部萩(なんぶはぎ)

南部古代型の中でも最古の模様と思われる。乱れ彫りの中に、線の流れの美しさがみられる。